くすりのあしたを考える。東和薬品

法令遵守の取り組み

法令遵守の取り組み 品質管理に関する開示

法令遵守宣言

昨今のジェネリック医薬品業界における諸問題を受けて、日本ジェネリック製薬協会から「ジェネリック医薬品の信頼回復に向けた取組みについて」が公表されました。 これを受けて、東和薬品では全社員に対し以下の内容にて法令遵守宣言をおこないました。

法令遵守宣言

①コンプライアンスの徹底
医薬品の製造管理・品質管理は、一人ひとりが当事者として関与し、「作業ではなく、仕事である」ことを意識することが重要と考えている。人間は間違いを起こす前提で、これを最小限にすることがGMPの考えであるが、逸脱が起きた時には正直にすべてを伝えてほしい、決して隠さないでほしい。それによって、同じ間違いを繰り返さないための根本原因の調査が可能となり、予防措置へと繋がっていく。CAPA(是正措置・予防措置)の考えをすべての仕事において当たり前と捉える風土を作り上げたい。
②ガバナンスの強化
組織内の風通しを良くし、情報が流れるようにしたい。社長・責任役員から社員への一方向だけでなく、社員の意見が社長・責任役員まで確実に届く、実効性のあるレポートラインを有した組織の構築がガバナンスにおいて何よりも重要と考えている。必要に応じて、公益通報者保護を理解の上、内部通報制度を活用して頂きたい。
③品質の最優先
日頃から薬機法やGMPなどの法令遵守は、当然に重要である。そして、付加価値など常に当社が持つ最新の技術で改良、改善を重ね、世の中に必要とされる最新、最高のものに更新したものを東和品質と考えている。品質を最優先とし、理想的な製品を目指し、製品総合力No.1の製品づくりを通じて、安心してお使い頂けるように東和品質を磨き続けなければならない。

2021年11月12日
東和薬品株式会社
代表取締役社長 吉田逸郎
吉田逸郎

法令遵守宣言

製造現場の査察

東和薬品は、法令遵守対応の具体的な取り組みとして、社長をはじめとする責任役員が製造現場の査察を実施しております。

製造現場の写真 製造現場の写真 製造現場の写真

東和薬品の品質と安全性の
取り組みについて

ページトップへ